スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"みなみけ"や"5の2"は女性恐怖に対する処方箋となりうるのか?

2009-03-26-192843_1024x768_scrot.png
今回はちょっとまじめなお話。
桜場コハル「みなみけ」「今日の5の2」は女性恐怖に対する処方箋 - Thirのノート
http://d.hatena.ne.jp/thir/20081221/p1
このエントリは誰のために書かれたというものではなく、開かれているものでもなく、自分のために書いてみたエントリです。個人的な感想として、「みなみけ」「今日の5の2」はレキソタンやデパスといった精神安定剤以上の精神安定をもたらすというネタ的な何かがあるのですが、まあその肉付けということで、ある種自分のための言い訳的な要素が強いです。はい。

注意:僕の個人的な読解です。あくまでもご自身で解釈してください。
中学生の読解力ですのでどこか理解がおかしいところがあるかもしれません。
厨房厨房うるさいですが厨房なので文おかしいです。ご注意ください。
また思う存分ネタバレさせてもらってるのでみなみけと5の2を見たことがない人ご注意ください。
キーセンテンスは「原暴力」「性というものへの憧れ」「女性恐怖」。
正直言おう、僕は単におもしろいから、かわいいから見ている、という感覚であった。
確かに女性恐怖に近いものを現実で感じてはいるし、何というか「女ってのは何をしでかすか分からん、こわい」みたいな感情を持っているのは確かだ。
"みなみけ""5の2"はどうだろう。"5の2"はリョータやコウジ、ツバサの男子三人が軸となりつついろいろとアレなエピソードが展開されていく。"みなみけ"で知ってる男子キャラといえばマコト、藤岡、保坂、南三兄弟。確かにみんな不憫な子ばかりである。
ここで注目したいのは、"5の2"と"みなみけ"の男子の立場が微妙に違うこと。
"5の2"の場合は
チカ→リョータ ユウキ→コウジ(?)
という単純な相関図となっているが、
みなみけの場合:
minami_soukan.png
という図になった。ここでおもしろい法則。「ハルカは誰からも愛される」。
「なんで?」と思うかもしれないが、誰しも一度は年上の人に憧れたことがあるのではないか。これについては後に述べる。
では、"5の2"の場合から記事を読み解いていこう。
通常の大人が所持している「原暴力」には近づかない、純粋な「性という魅惑の領域への憧憬」である。例えば「体育館の中で男性キャラと女性キャラが閉じ込められてしまう」という章では、主人公自身は男性性、「原暴力」を認識しておらず、あくまでもその「原暴力」を位置づけるのは、その体育館倉庫を開ける「教師」(=大人)によってである。この巧妙な作品への視聴者の移入は、我々が「原暴力」を持つことを忘れさせてくれる。精神分析学的にいえば、我々はこの作品を見ることによって、複雑性の世界、象徴界から逃避し、母子融合的で原暴力の認識が存在しない、擬似的な鏡像段階へと舞い戻ることが出来るのである。

「マケナシ」を例として挙げている。個人的にはよい例だと思う。何というか、一般の人が感じる感覚としては「小学生っぽいエピソードだよね」とか、そんな感じである。ようするに、「微エロ」とは違うんだけど、エロスをあまり感じないというか、ようするに「子供っぽい」のである。
つづいて"みなみけ"に入る。
たとえば「マコちゃん」という男性キャラは「女装」をされることでその「原暴力性」を限りなくはぎ取られ、女装したマコちゃんが三姉妹、とくに長女であるハルカに対する性的葛藤に揺れるのも、「原暴力」によるものというよりかは、むしろ「純粋な性に対する興味」からに近い(これは、幼年期の子供が「お姉さん」的な存在に抱く憧れの感情ににている。恋愛感情というよりかは、そこにあるのは「憧れ」の感情である)。

マコちゃん≠男性キャラであり、マコト=男性キャラである ・・・という話はおいといて、これも興味深い例である。
・・・まあ何というか、ハルカはいわゆる「エロい」キャラであるが、マコトが抱いているのは恋愛感情ではなく、「憧れ」である------。僕も同じような持論である。
「憧れのハルカに会いたいから女装する=男の部分を隠す。いかにもぶっ飛んだ話だが、ここは漫画の世界。最初からこの事を計算に入れ、作者はマコト絡みのエピソードを描いていたのだ。改めて「みなみけってすごいな」と思った。
次女であるカナの友人として出てくる「藤岡」は、藤岡はカナに対して恋愛意識を抱いておりながら、ストーリーが描かれる場所となる三姉妹の中では、もはや家族同然の存在でり、三姉妹は巧妙に彼の持つ「原暴力性」を「家族」的なものに置き換えることで封印している。「みなみけ」のファンは、この「原暴力の不在」に魅了されているのである。

(「藤岡」の名前が漫画内の表記と違うため統一)
・・・ノーコメント。なんかどんどん書くの面倒臭くなってくる。
ようするに「藤岡は家族みたいな存在だからハルカとかチアキとかの監視も入ってるしそういう関係にはなりづらい状況、だからエロにはつながらない」ということだろう。


もっと簡単に、わかりやすーく書いてほしかったなあ。原暴力ってナニよ。原監督が暴力でも振るうってのかい?
Comment

俺はまぁ何となく分かった。
フユキの違和感はそこから来てたのね・・・
俺としては納得できる記事でしたぜ。

一身上の理由で、SAがプレイ出来なく
なってしまいました。高とのトークをこれから
どこでやれと言うんだろうか・・・?

>セト
ありゃ、そうなのかい
Habboも閉鎖するし、いっそSkypeでもやるか

ざんねん すかいぷ は アンインストール された!
つーわけで二人で話せるチャット的なのを模索しておくぜ

WLMとかどうだい

中々良いんじゃあないか・・・
でもこれ何か昔見た覚えがあるけど・・・
まぁ一応考えておくぜ
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Steam
SteamCard
twitter
@microwave_chaos

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。